諏訪神社

諏訪神社は、蒙古来襲の頃、弘安元年(1278)に信州の諏訪大社の分霊をいただき、古くから軍神や鎮火の守護神として崇敬されてきました。現在の本殿は天保3(1832)、幣拝殿は明治37年(1904)に改築されました。また、諏訪神社の境内には欅の大木に混ざって多くの楓樹があり、その紅葉は壮観で、古くから紅葉の名勝地として地元に愛されています。

お問い合わせ 智頭町役場企画課、智頭町観光協会
住所 鳥取県八頭郡智頭町大字智頭227
電話番号 智頭町役場企画課0858-75-4112、智頭町観光協会0858-76-1111