野原のカフェぽすと

店主の澤田直見さんは智頭町を拠点に活動している言葉絵作家ですが、2009年4月に半世紀の時を重ねた元郵便局をカフェとして蘇らせました。窓が多い店内は自然の光が差し込んで明るく、そこに白熱灯の温かな明かりが加わることで、古い柱、床、家具が空間に深み与え“ゆっくり”な時間の流れを作り出しています。

古い建物だけが持つ魅力を生かした「ぽすと」では、自然食のランチも評判。週ごとに内容が変わる「野菜畑のお昼ごはん」、野菜たっぷりのキッシュは、地元産や店主が栽培する農作物が中心。化学調味料等は一切使っておらず、素材そのものの味が生かされています。日替わりのケーキも手作りで、さりげなく添えられた草花にセンスが光ります。地元のファンも多く、営業日はいつも満員。美味しいカフェメニューともに過ごす時間はすごく緩やかで、その心地よさにいつまでもここに佇んでいたい気持ちになります。

廊下の先にある階段を上がると、2階にはギャラリーが。現代アートから素朴な木工細工まで、県内外で活躍する作家たちの作品が並んでいます。購入できる作品もあるので、お気に入りを探してみてください。

住所 鳥取県八頭郡智頭町早瀬271-3
電話番号 0858-78-0300
営業日 水曜日 11:00~日暮れ頃まで
駐車場 約10台(無料)